森林整備等CO2削減認証制度とは

森林の整備や木材利用を通じた地球温暖化防止活動への企業や県民の皆様の参加を促進するため、森林整備によるCO2吸収量などを県独自に認証する制度です。

認証対象 対象となる方 活動内容
企業等の資金負担で行う森林整備活動によるCO2吸収量 整備対象森林の所有者等と森林整備及び資金負担に関する協定を締結した企業等 植栽、下刈、除伐、間伐及び枝打ち
企業の従業員等が行う森林整備活動によるCO2吸収量 整備対象森林の所有者等と森林整備に関する協定を締結した企業、NPO、ボランティア団体等
木質ペレットなど森林バイオマス利用によるCO2排出削減量 ボイラーやストーブ、火力発電施設に森林バイオマス燃料を使用する企業、学校、公共施設管理者等 化石燃料から県内産の森林バイオマス燃料に代替するもの(ただし、設備の導入時期は問わない)
公共施設や民間住宅での県産木材利用によるCO2固定量 建築主または施工業者
ただし、施工業者申請する場合は、あらかじめ建築主の同意を得ること
県産木材を使用する県内の公共施設の建築、優良県産木材を使用する県内の住宅建築

森林整備等CO2削減認証制度

リーフレットはこちら(PDF, 1.92MB)

森林整備等CO2削減認証

森林整備活動CO2吸収量認定書


山口県HPへ