レッドデータブックやまぐち
| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
ホームページの開設にあたって

 
  私たちの山口県は、豊かな自然に恵まれており、様々な動植物が生息・生育しております。
  これらの野生動・植物は、生態系の重要な構成要素であるだけでなく、自然環境の重要な一部として、また人類の豊かな生活に欠かすことの出来ないものです。 
 このため、平成14年3月には、山口県内に生息・生育する野生動・植物の種を対象に、絶滅のおそれのある種を選定し、それらの分布状況や生息状況を明らかにすると同時に、それらの保全に役立てるために「レッドデータブックやまぐち」を刊行したところです。 
 この「レッドデータブックやまぐち」を、より多くの県民の皆様に知っていただき、利用していただくことができるよう、このたびホームページを開設いたしました。 
  今後は、自然観察や自然環境学習の場において、このホームページを大いにご活用いただくとともに、これら絶滅のおそれのある野生動植物の保護に役立てていただきたいと思います。

 平成14年11月   


山口県野生生物保全対策検討委員会専門部会
部会長  山 岡  郁 雄


レッドデータブックとは

1 目的

自然豊かな山口県において、自然環境の保全を図るためには、多様な生態系全体を保全するとともに、その基本的な構成要素である野生動植物の現状を把握し、野生動植物に関する本県の自然的社会的諸条件に応じた保全対策を講じる必要がある。
このため、山口県内に生息・生育する野生動植物の種を対象に、絶滅のおそれのある種を選定し、それらの分布状況や生息状況を明らかにすることにより、的確かつ効果的な野生動植物の保護対策を講じる上での基礎資料に資することを目的とする。


2 作成にいたる経緯

平成3年 環境庁レッドデータブック(脊椎動物・無脊椎動物初版)の刊行
平成6年7月  山口県野生生物保全対策検討委員会の設置
  山口県内に生息生育する野生動植物の分布実態を把握し、その保護対策を専門的見地から検討する目的で設立
平成7年3月  「山口県の貴重な野生生物」の発行
  生息希少、県内特産、県内での分布地の局限、集団生息地・繁殖地を有する種、天然記念物等、山口県内で特徴的に生息する野生動植物643種を選定
平成9年度  「山口県版レッドデータブック」作成作業の開始
  生物群別に7つの分科会を設置
  選定基準、調査方法等作成作業の基本方針の策定
平成10年度  選定対象等の設定
  生物群別に選定対象範囲、調査方法・範囲等を設定
  山口県野生生物目録の作成
  本県に生息生育する全種について、生物群ごとの目録を作成
  1次選定種の選定
  野生生物目録の中から、絶滅のおそれのある候補種を選定
  分布調査の実施
  1次選定種について文献・標本・現地調査を実施し分布情報を収集
平成11年度  野生生物分布目録の作成
  分布情報をデータベースに集積
平成12年度  絶滅のおそれのある種(最終選定種)の選定
    カテゴリーの定義に基づき、選定種をカテゴリー付け
  種別の記載
  選定種の生態・生息状況等を種別に記載
  関連参考文献等の整理
平成13年度  レッドデータブックの作成(貝類を除く)

平成14年11月 

貝類のレッドデータブックを作成するため貝類分科会を設置することに決定
  陸・淡水産貝類分科会の設置
  山口県陸・淡水産貝類目録(7目42科160種)  ・分布目録の作成
  選定対象種の選定
平成15年3月  検討委員会において、選定種を決定
平成15年3月  「レッドデータブックやまぐち」 (貝類) の作成


3 実施体制

作成作業は、野生生物保全対策検討委員会を中心に、各生物群の専門家による7つの分科会及び、山口県(自然保護課)による組織で運営された。それぞれの機関の役割分担等は以下のとおりである。
野生生物保全対策検討委員会
  構 成: 各生物群における専門家14名、自然保護関連の学術専門家3名
  機 能: ・分科会の設置
・作成作業計画・基本方針の策定
・絶滅のおそれのある種の決定
分 科 会
  構 成: 7つの生物群ごとに学識経験者、専門家、学芸員等で構成、総員47名
  機 能: ・分布調査の方針・対象の決定
・分布調査の実施
・絶滅のおそれのある種の選定
・レッドデータブック・各論部分の執筆
事 務 局
  構 成: 山口県(環境生活部自然保護課)
  機 能: ・作成作業の取りまとめ
・分布調査結果の集約・データベース化
・山口県野生生物目録の作成
・レッドデータブックの編集・作成


山口県野生生物保全対策検討委員会・委員名簿

分  野 氏   名 所   属   等
自然保護
谷國勝美(委員長) 山口生物学会会長
木 脇 祐 順 山口大学名誉教授
西 村 祐二郎 山口県自然環境保全審議会会長
ほ 乳 類 庫 本   正 秋芳町立秋吉台科学博物館名誉館長
田 中   浩 山口県立山口高等学校教諭
鳥  類 小 川 孝 生 日本野鳥の会山口県支部事務局長
小 林 繁 樹 日本野鳥の会山口県支部幹事
両生類・は虫類 山 岡 郁 雄 山口大学理学部教授
淡水産魚類 酒 井 治 己 水産大学校生物生産学科助教授
昆虫類・クモ類 遠 藤 克 彦 山口大学理学部教授
濱 崎 詔三郎 元山口大学農学部講師
三 時 輝 久 山口県立山口博物館学芸課長
甲 殻 類 林   健 一 水産大学校生物生産学科教授
陸・淡水産貝類 増 野 和 幸 萩市立萩東中学校教諭
植  物 鈴 木 和 雄 山口県立大学生活科学部教授
三 宅 貞 敏 元山口県立山口博物館学芸課長
南 敦 山口植物学会会長


山口県野生生物保全対策検討会陸・淡水産貝類分科会・委員名簿
○ ― 分科会長(野生生物保全対策検討委員会委員)
* ― 野生生物保全対策検討委員会委員を兼任
ほ乳類分科会
庫 本  正 秋芳町立秋吉台科学博物館名誉館長
田 中  浩 山口県立山口高等学校教諭
  細 井 栄 嗣 山口大学農学部助教授
  松 村 澄 子 山口大学理学部助教授
  村 田  満 多々良学園高等学校教諭
鳥類分科会
小 川 孝 生 日本野鳥の会山口県支部事務局長
  梶 畑 哲 二 日本野鳥の会山口県支部幹事
  川 元 武 日本野鳥の会山口県支部副支部長
小 林 茂 樹 日本野鳥の会山口県支部幹事
  原 田 量 介 日本野鳥の会山口県支部幹事
両生類・は虫類分科会
  阿 部 弘 和 山口大学教育学部助教授
  岩 尾 康 宏 山口大学理学部教授
  田 中 進 山口生物学会会員
  徳 本 正 防府市立右田中学校教諭
山 岡 郁 雄 山口大学理学部教授
淡水産魚類分科会
  安 部 豊 山口県立水産高等学校教諭
  河 口 郁 史 山口県教育研修所研究指導主事
酒 井 治 己 水産大学校生物生産学科助教授
  谷 口 義 則 山口県立大学生活科学部講師
  吉 村 高 男 山口県立熊毛南高等学校上関分校教頭
  藤 岡 豊 元山口大学教授 (平成12年逝去)
昆虫類・クモ類分科会
遠 藤 克 彦 山口大学理学部教授
  大 木 克 行 須佐町立弥富中学校教諭
  大 木 孝 行 山口むしの会会員
  岡 耿一郎 山口むしの会会員
  後 藤 和 夫 山口むしの会会員
  田 中 馨 山口むしの会会員
濱崎 詔三郎 元山口大学農学部講師 ・山口むしの会会長
  原 隆 山口むしの会会員
  増 原 啓 一 日本蜘蛛学会会員
三 時 輝 久 山口県立山口博物館学芸課長
  椋 木 博 昭 山口むしの会会員
  安 田 正 利 山口むしの会会員
陸・淡水産貝類分科会
  河 上 勲 萩市郷土博物館学芸委員
  杉 村 智 幸 山口市立平川小学校教諭
  藤 原 廣 治 元山口貝類談話会長
増 野 和 幸 萩市立萩東中学校教諭
湊 宏 環境省絶滅のおそれのある野生生物の選定評価検討会
無脊椎動物T(陸・淡水産貝類) 分科会検討員
植物分科会
  勝 本 謙 元鳥取大学教授
  塩 見 隆 行 元山口女子大学教授
  嶋 村 拓 実 山口県立山口博物館専門学芸員
鈴 木 和 雄 山口県立大学生活科学部教授
  中 村 久 秋芳町立秋吉台科学博物館副館長
  真 崎 博 山口県植物研究会会員
南 敦 山口植物学会会長
三 宅 貞 敏 元山口県立山口博物館学芸課長

(注)
・氏名は五十音順
・所属は作成当時のもの
 
もどる
トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。