入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

報道記録
報道年月日 2019/01/31
報道機関名 山口新聞
会員名 日本ゼオン(株)徳山工場
タイトル 日本ゼオンも出展 東京でナノテクノロジー国際見本市
報道記録の内容 ナノテクノロジーの国際見本市「nano tech2019」が30日、東京都東区の東京ビッグサイトで始まった。
2月1日まで。
28カ国の企業や研究所など1269社が次世代半導体やセンサー、マイクロマシン、軽量化素材、ウエアラブルデバイスなど最先端のナノテクノロジー製品を出展。
3日間で約5万人が来場し、商談を行う。
周南市に主力工場がある日本ゼオン(東京都千代田区)は、同社が製造する炭素素材「カーボンナノチューブ」を材料に使った太陽光発電デバイス「SOLA CARD」を紹介。
約8センチ四方のコンパクトなプラスチックソーラーで、太陽光さえあればどこでも発電でき、10グラムと軽く容易に持ち運ぶことができる。
4月から同デバイスを活用したランプなどさまざまなアイテムを発売する予定。
同社研究開発本部の手島健次郎さんは「市場に出てどういう反応があるか分からないが、新しいソーラーのある暮らしを提案していきたい」と話した。
関連URL
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
平成30年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナー
現場合同ミーティングの開催について
産業廃棄物排出事業者レベルアップセミナーの開催について
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 215139
一般 : 3040784

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。