入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

報道記録
報道年月日 2020/06/02
報道機関名 宇部日報
会員名 田辺三菱製薬工場小野田工場
タイトル コロナ渦で献血協力 田辺三菱製薬工場 血液不足に社会貢献
報道記録の内容 田辺三菱製薬工場小野田工場(古瀬裕介工場長)は1日、山陽小野田市旦東の同工場で献血の協力を行った。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い全国的に献血車の運用が減り、血液が不足している中、社会貢献として実施した。もともと年3回、献血車が巡回して社員やグループ会社の従業員が協力していたが、今年は回数を増やすことも検討している。
生産停止日に実施したこともあり製造現場の社員も多くが協力。午後の約3時間半、駆け付けた社員が問診、検温などをした後、車に乗り込み献血した。
県赤十字血液センターでは、もともとマスク着用など感染症に気を付けて実施していたが、献血が終わるごとに手袋を取り替えたり、車内が密にならないように待機時間を調整したりするなど対策を強化して献血を行っている。
製剤第2部の桂貴紀さん(44)は「会社に献血車が来るたびに協力している。必要としている人のために役立ててもらったら」。人生で初めて献血したという今井洋希さん(25)は「怖いという印象があって献血を避けていたが、コロナで血液不足と聞き名乗りを上げた」と話した。
結局、この日はいつもの2倍の46人が献血に協力した。
県赤十字血液センターの門澤聖主事は「感染の不安が広がった4月前半には計画の7割台の県内献血量にとどまった。事業所や商業施設などでの街頭献血の際には、ぜひ協力していただきたい」と呼び掛けた。
原薬を生産している同工場では、設備の消毒用に製造している微酸性電解水を、これまでに5㌧以上を市に無償提供。今後も要請があれば提供するという。
関連URL
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
ジャパンインターナショナルシーフードショーに出展いたします!
令和元年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナーについて
生ごみバイオマス利用の現状についてのフォーラム開催
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 225449
一般 : 3414662

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。