入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

報道記録
報道年月日 2020/06/24
報道機関名 中国新聞
会員名 徳山海陸運送
タイトル 木質ペレット荷受け拠点
報道記録の内容 運送業の徳山海陸運送(周南市)は、バイオマス発電の燃料となる木質ペレットの荷受け拠点を徳山港に初めて設けた。火力発電所で二酸化炭素(CO2)の排出対策が加速する中、近隣の発電所に供給する。既に扱っているヤシ殻の取扱量も増やし、2022年までに国内最大のバイオマス燃料基地を目指す。
高さ約29メートルのアンローダーと呼ばれる専用の重機を新設。今月17~22日、ばら積み貨物船でカナダから運ばれた木質ペレット1万トンを最初に陸揚げした。木くずを固めた木質ペレットは粉じんが舞いやすい。そのため、船からアンローダーでコンテナ約500個に収納。今後、近隣の発電所に船で運ぶ。
周南コンビナートでは親会社のトクヤマなどが共同事業で22年度に新たなバイオマス発電所の稼働を予定。徳山海陸は木質ペレットの取扱量を20年の5万トンから22年に54万トンへ増やす計画。東南アジアから輸入しているヤシ殻も現在の年43万トンから同時に55万トン以上へ引き上げる。バイオマス燃料を年100万トン以上扱うようになると国内で最大規模という。
徳山海陸は「港湾の混雑解消やコンテナ保管場所の確保に取り組み、大量の燃料を安定供給できる体制を構築した」としている。
関連URL
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
ジャパンインターナショナルシーフードショーに出展いたします!
令和元年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナーについて
生ごみバイオマス利用の現状についてのフォーラム開催
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 225446
一般 : 3413999

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。