やまぐちの地球温暖化対策

平成20年度県内一斉ノーマイカーデー実施結果

対象
マイカー通勤者
実施日
平成20年10月15日(水)
実施主体
環境やまぐち推進会議、各市町地球温暖化対策地域協議会、山口県、全20市町
目標
マイカー通勤者の3割参加を努力目標とした。
公共交通機関等の協力状況
  • 西日本旅客鉄道(株):山口線の下り定期便(朝の2便)に1車両増結
  • 中国ジェイアールバス(株):山口市内2定期便バス各1台増車
  • 防長交通(株):山口市内4定期便バス各1台増車
  • 宇部市交通局:一日バス乗車券の発売(通常は休日のみ発売)

自動車の排気ガス

ポスター掲示

JR車輌(600車輌)、有人駅構内(36箇所)、バス車内(350台)

JR車輌内での掲示風景 バス車輌内での掲示風景
JR車輌内での掲示風景 バス車輌内での掲示風景
電光掲示板を活用した呼びかけ
電光掲示板を活用した呼びかけ

周南市戸田国道2号線沿電光掲示板
(国土交通省中国地方整備局協力)

  • ・幹線道路情報掲示板
    • 国土交通省中国地方整備局:41箇所
    • 警察:36箇所
  • ・防府市電光掲示板:1箇所
  • ・太陽光発電インフォメーションシステム:8箇所
その他

市町等広報誌 等

実施結果
ノーマイカー通勤実施者数及びCO2 削減効果等

実施結果を基に、CO2 削減効果等を算出しました。

実施事業所等数 1,045
通常マイカー通勤数(人・台) 68,842 人・台
当日ノーマイカー通勤実施数(人・台) 27,073 人・台
実施率(%) 39%
ノーマイカー実施延べ片道通勤距離(km) 247,462km
地球一周(40,077km)に換算すると、片道で6周分に相当します。
往復に換算すると、地球12周分に相当します。
CO2削減効果(トン-CO2 114トン-CO2 (※1)
 → ガソリン換算(L) 5万L
 → ドラム缶(1本200L)換算(万本) 28万本
 → 1世帯あたりのCO2 排出量(14kg/日)(世帯分) 約8,200世帯

※1 算定根拠 通勤距離247,462km×2(往復)÷10km/L×2.3kg-CO2/L=114トン-CO2

根拠数値

  • 燃費:10km/L
  • ガソリンの二酸化炭素排出係数:2.3kg-CO2/L
  • 1kgのCO2=ドラム缶2.5本分
  • 一般家庭の平均的な年間当たりCO2排出量5,040kg()/365日=13.8kg/日
    (出典 温室効果ガスインベントリオフィス 2008年)

自動車の排気ガス

当日の幹線路等の状況

当日の幹線路等の状況

(県庁前バス停の様子)平時よりも乗車人数が多かった。

県内主要幹線道路等の状況

1. 幹線道路(市町意見)

  • 主要路線の渋滞が緩和
  • 主要事業所周辺の交通量が緩和
  • 自転車通勤者数が増加
山口市県庁前(国道9号)
<実施日の様子> <平時の様子>
実施日の様子 平時の様子
下関市国道9号(下関駅付近)
<実施日の様子> <平時の様子>
実施日の様子 平時の様子
岩国市川西交差点
<実施日の様子> <平時の様子>
実施日の様子 平時の様子
光市市役所前
<実施日の様子> <平時の様子>
実施日の様子 平時の様子
周南市戸田椿峠付近(国道2号)
<実施日の様子> <平時の様子>
実施日の様子 平時の様子

2. 市町等駐車場状況

県庁
<実施日の様子> <平時の様子>
実施日の様子 平時の様子
宇部市
<実施日の様子> <平時の様子>
実施日の様子 平時の様子
平生町
<実施日の様子> <平時の様子>
実施日の様子 平時の様子
(参考)ノーマイカーデー実施事業所等

別添事業所等において、従業員(社員、職員、会員等)の皆様に対してノーマイカー通勤への参加を呼びかけていただきました。

県内一斉ノーマイカーデー実施事業所等リスト(PDFファイル:22KB)