入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

事業者名 宇部工業高等専門学校(宇部高専)
事業内容 教育研究機関
技術分類 その他

グループ区分 マネジメントグループ
テクニカルグループ
郵便番号 〒755-8555
住所 山口県宇部市常盤台2-14-1
代表者 校長 山川 昌男
設立年月 1962/04
資本金
従業員数
ホームページ http://www.ube-k.ac.jp/ 別ウィンドウで開く
所属団体等
担当者所属・役職名 企画連携事務室連携係
担当者氏名
電話番号 0836-35-4966
FAX番号
E-Mailアドレス sangaku@ube-k.ac.jp
企業PR ■本校の目的 
 職業に必要な実践的かつ専門的知識および技術を有する創造的な人材を育成するとともに、知的資源を活用して地域社会に貢献する。
■沿革
 昭和37年、機械工学科および電気工学科の基幹2学科体制でスタートし、その後、メカトロニクス、化学とバイオ、経営と情報の技術者をそれぞれ育成する制御情報工学科、物質工学科および経営情報学科を加えて、現在、計5学科を有しています。今日までに、約5,900名の技術者を世に送り出しています。平成9年に生産システム工学専攻および物質工学専攻からなる専攻科が設置され、平成17年に経営情報工学専攻が設置されました。
■JABEE認定校
 本校の「創造デザイン工学」教育プログラム(本科4・5年+専攻科)は、平成16年度から日本技術者教育認定機構(JABEE)により認定されています。

 

事業紹介 ■教育課程
 中学校卒業後5年間の教育を行う本科(準学士課程)および本科卒業後2年間の教育を行う専攻科課程があります。
 本科は機械工学科、電気工学科、制御情報工学科、物質工学科および経営情報学科の計5学科より構成され、本科学生の定員総数は1,000名です。
 専攻科は、生産システム工学専攻、物質工学専攻および経営工学専攻の3専攻から構成され、学生定員総数は40名です。
■研究活動
 本校教員は80名で、これらの専門分野は機械、電気、電子、ロボット、情報、化学、バイオ、環境、経営と多岐にわたっています。
特徴・特色 ■実務教育
 本校は実務教育型の学校です。5年間(本科)または7年間(本科+専攻科)の一貫教育ならびに体験重視の教育により、実践的・独創的・創造的技術者の育成を行っています。
■知識・技術と人間素養
 授業による正課教育に加え、学生会活動、課外活動、学寮生活等を重視して、知識・技術の修得に加え人間素養の涵養を図っています。
■進路
 知徳体の総合教育を行っている本校学生への社会の評価は高く、バブル経済崩壊後の厳しい経済状況にも係わら10倍前後の求人倍率を維持し、経済が回復基調にあるここ数年の倍率は20倍を超えています。就職率はほぼ100%です。本科卒業生の約30%が本校専攻科又は国立大学(東京大学、東京工業大学、広島大学、山口大学、九州大学など)3年次へ編入しています。また、専攻科修了生の半数が就職で、残りの半数は国立大学大学院へ進学しています。
■産学官連携
 本校では産学官連携による共同研究や地域への教育サービスに力を入れています。特に、環境関連分野においては、地元企業のみでなく、東京・大阪地区の大手企業との共同開発を行い、多数の技術が実用化されています。
■環境関連技術
 下水汚泥・生ごみ等の資源化技術
 難分解性有機化合物を含む廃水処理技術
 フッ素を含む廃水の処理技術
 池・湖沼等の浄化技術
 水産用水・魚備蓄水槽の浄化技術
 余剰汚泥の減量化技術
 環境ホルモンの除去技術
 生分解性プラスチックの製造技術
 IT関連廃水の浄化技術
 廃水中アンモニア・硝酸等の窒素ガスへの変換技術
 油分・油脂処理技術
■環境関連要素技術
 亜臨界水・超臨界水
 好気性微生物・嫌気性微生物
 高速メタン発酵
 活性汚泥プロセス
 電気化学・オゾン
 膜分離
 廃水処理設備の設計
 
アクセス数 6155件
難分解性有機物を含む工業廃水処理装置 フッ素を含む工業廃水処理装置 資源回収型下水汚泥処理プラント
戻る
   
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
ジャパンインターナショナルシーフードショーに出展いたします!
令和元年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナーについて
生ごみバイオマス利用の現状についてのフォーラム開催
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 226182
一般 : 3433087

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。