入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

もったいない活動情報
公開/非公開 公開
情報のタイトル 湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
詳細内容  長門市湯本温泉のホテル長門はらだの女将(おかみ)原田満江さんが「自分にできるエコを」と、旅館で出る食用廃油を使ったせっけん作りと、その活用に取り組んでいる。さらに、「湯本温泉の旅館全体での取り組みに広げたい」と、湯本温泉の老舗旅館の女将で作る「湯本おとずれ会」に提案、近く、せっけん作り講習会も開く予定。

 原田さんが廃油石けんに注目したのは、数年前、妹で二十五年前から環境問題を考えた廃油石けん作りに取り組む「長門せっけんの使用をすすめる会」副会長の藤田芳子さんから勧められたのがきっかけ。初めは作り方を教わり自身のホテルで使うだけだったが、汚れ落ちがよく、手荒れにもよいと実感し、「何と言っても自然環境によい。日常でできるエコの基本」と、広げたいと考えるようになった。

 昨秋から作る量を増やし、知人にプレゼントしたりして利用を勧めたところ好評で、「常設で購入できる場所があれば」との要望を受け、昨年末から同ホテルと市内のショッピングセンター・ウェーブ内ええもん市場、美祢市於福のあぐりプラザおふくで販売を始めた。廃油石けんは、原田さん手作りのアクリルたわしとセットで一個二百円。併せて、米ぬか石けんとけい藻土で作った磨き粉(百円)も販売している。

 せっけんは食用廃油と水酸化ナトリウム、水を混ぜたものを固め、一カ月程度で完成する。問い合わせはホテル長門はらだ(?0837・25・3521)へ。
(2009年2月3日付け山口新聞)
 

せっけんとアクリルたわしを紹介する原田満江さん

連絡先
事業者名 やまぐちエコ市場事務局
ホームページ http://eco.pref.yamaguchi.lg.jp/ecoichiba/
郵便番号 〒753-8501
住所 山口県山口市滝町1番1号
担当者所属・役職名 廃棄物・リサイクル対策課主幹
担当者氏名 才本光穂
電話番号 083-933-2992
FAX番号 083-933-2999
E-Mailアドレス saimoto.mitsuo@pref.yamaguchi.lg.jp
   
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
生ごみバイオマス利用の現状についてのフォーラム開催
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
平成30年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナー
現場合同ミーティングの開催について
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 216927
一般 : 3109118

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。