入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

報道記録
報道年月日 2019/03/18
報道機関名 宇部日報新聞
会員名 (株)エイム、山口県産業技術センター
タイトル 国の実証プロジェクトに漁師の経験をデータ化 漁業操業ナレッジベース構築
報道記録の内容 宇部市の企業が代表を務める二つのプロジェクトチームの衛星データを使ったサービス提案事業が、国の2018年度の実証事業に採択された。
宇宙という無限の空間を利用して、新たなビジネス展開を狙う地元企業による取り組みを取材した。

内閣府が募集した先進的な宇宙利用モデル実証プロジェクトには、全国から18件の応募があり、7件が採択された。
その中の一つ、「衛生データによる漁業操業ナレッジ(知識)ベース構築と支援サービス事業」は、西岐波の宇部臨空頭脳パークに本社を置くエイム(藤井政夫社長)が代表を務めるプロジェクトチームによる事業だ。
同事業では、資源減少と後継者不足という大きな問題を抱える沿岸漁業を対象とした。
漁業者が持っている経験、漁場の情報、衛星などから取得できる気象などの情報をデータ化し、人工知能(AI)による解析技術を使ってデータベースを構築。
それを新規漁業者の育成、操業ノウハウの継承支援、水産資源のブランド化に有効な漁業認証取得支援に活用するところまで目指した。
プロジェクトメンバーは、エイム、県漁協、県水産研究センター、県産業技術センター、日本電気(NEC)、リモートセンシング技術センター、宇宙システム開発利用推進機構、アミタの8企業・団体。
エイムでは、地理情報システム(GIS)を活用した事業を展開しており、衛星データを活用した新規事業展開も念頭にあった。
同社産業システム部の伊藤重稔部長は「2017年2月に、県産業技術センター内に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が拠点を設置したことを契機に、衛星データを利用する技術者、研究者が集まる衛生データ解析研究会ができたのが大きかった。
研究会に参加し、意見交換する中で、プロジェクトのアイデアが生まれた」と振り返る。
そして、18年8月から実際のデータ採取が始まった。
関連URL
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
平成30年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナー
現場合同ミーティングの開催について
産業廃棄物排出事業者レベルアップセミナーの開催について
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 215139
一般 : 3040771

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。