入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

報道記録
報道年月日 2019/03/06
報道機関名 宇部日報新聞
会員名 山口県産業技術センター
タイトル ビジネス創出へ初会合 スマートづくり研究会
報道記録の内容 モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)を活用し、新たなビジネスの創出をめざすスマートづくり研究会の第1回定例会がこのほど、宇部市あすとぴあ4丁目の県産業技術センターで開かれた。
製造、サービス業などさまざまな業種の約60人が、最新の技術を導入し、生産性の向上や動き方改革につながった事例についての講演を聞いた。
県、同センター主催。
製造業向けシステムの開発を担うシムックス(本社東京都)の中島高英社長が「誰でもわかるAI、IoTでもわかるAI、IoTでものづくりがどう変わるか」と題して特別講演した。
中島社長はメーカー、商社、ユーザーの視点に分かれてこれからのものづくりがどうなるかを話した。
インターネットの普及により、商品の発注はネット上でほぼ全ての過程がこなせると強調。
その結果、コストの削減、従業員の負担の軽減などにつながったとした。
参加者に向けて「人生100年と言われる時代。勉強するチャンスはいくらでもある。第三者の目標で考えることも大切」と助言した。
同研究会は近未来テクノロジーを県の第4次産業革命につなげようと、昨年11月に同センター内に設けられた。
会長は同センターの木村悦博理事長。
システム開発業者による導入ではなく、参加した会員企業の手で、ニーズにあったIoT技術の開発と導入の促進を目指している。
関連URL
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
生ごみバイオマス利用の現状についてのフォーラム開催
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
平成30年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナー
現場合同ミーティングの開催について
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 216927
一般 : 3109600

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。