入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

報道記録
報道年月日 2019/03/22
報道機関名 宇部日報新聞
会員名 宇部興産コンサルタント(株)
タイトル 林業事業者の経営支援 効率的な里山管理システム バイオマス資源の地産地消
報道記録の内容 「衛星・地上データによるバイオマス資源の地産地消で儲かる林業」は、宇部市東須恵の宇部興産コンサルタント(堀敬史社長)が代表を務めるプロジェクト。
常盤商会(宇部市)、ニュージャパンナレッジ(山口市)など11団体が関わる。
2018年度経済産業省の「衛星データ統合活用実証事業」に採択され、衛星と地上のデータを活用した森林資源情報システムを開発し、林業事業者に対するコンサルタントという新しい事業モデルの構築を目指した。
同社では、地元の雇用と地域課題解決の視点、バイオマス発電所の整備進展などから里山に着目。
昨年度は内閣府の実証プロジェクトで、衛星と地上のデータを用いて竹林の分布図を作成。
従来よりも効率的な里山管理システムの構築と竹林伐採支援など竹資源利用の効率化を実証した。
今年度はその技術を進化させ、スマートフォンなどの携帯端末を使用した現地調査支援、現地調査、伐採や運搬の計画策定支援に役立てる森林資源情報システムの開発を着手した。
地元企業の常盤商会が衛星と地上のデータ融合システムの構築、ニュージャパンナレッジが現地調査支援システムなどの開発を担当。
宇部興産コンサルタントが全体のコーディネートを担った。
森林資源としての対象はスギ、ヒノキの人工林。
光の反射で識別する光学衛星を使用し、事前に航空写真、既存の地上データを使って広葉樹、針葉樹、竹を分類した教師データを作成。
解析ソフトに学習させてデータを取得した。
解析結果をもとに現地調査したところ、実際の人工林の場所が9割以上一致し、事業で使えるめどが立った。
現地調査支援システムは、山奥の携帯電話の届かない場所でも作業可能なように衛星測位システム(GNSS)を利用。
調査後、電波の届く所でサーバーにアップロードすることで、連携する計画策定支援システムにもデータが反映され、作業日報としても利用できる。
プロジェクトリーダと担った宇部興産コンサルタント事業推進本部企画室の弘中淳一室長代理は「安価で安全、簡単な操作で使えることを意識した」と語る。
関連URL
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
生ごみバイオマス利用の現状についてのフォーラム開催
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
平成30年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナー
現場合同ミーティングの開催について
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 216927
一般 : 3109621

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。