入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

報道記録
報道年月日 2020/05/22
報道機関名 宇部日報
会員名 山口県産業技術センター
タイトル 3Dプリンター使いフェイスシールド 県産技センターが無償提供 希望の医療機関に
報道記録の内容 宇部市あすとぴあ4丁目の県産業技術センター(木村悦博理事長)は、新型コロナウイルスの陽性患者を受け入れている徳山中央病院(那須誉人院長)に、3Dプリンターで作った医療用フェイスシールドを無償提供した。「他の医療機関からも依頼があれば、できる限り対応したい」としている。
感染防止に必要なフェイスシールドが入手困難となったため、同病院が4月中旬、同センターに製作可能かを問い合わせた。センターでは大阪大大学院医学系研究科のプロジェクトENGINEが公開している3Dデータを基に、企業支援部加工技術グループを中心に4人が、業務の合間を縫って作業。3種類のサンプルを作り、同病院の医師や看護師の声を踏まえて改良した。
材料は透明なクリアファイルが品切れだったためラミネートで代用。フレームはナイロンを使い、頭部の保持力をアップするためフックを追加して、輪ゴムを取り付けられるよう工夫した。ラミネートフィルムを固定するねじ穴も設けた。消毒して複数回使用することを想定し、腐食しづらい素材を選んでいる。材料費は1セット当たり約1500円。
センターにある4種類の3Dプリンターのうち、粉末焼結式樹脂造形機と樹脂積層式造形機の二つを使用。製造できるのは1日当たり7・5枚ペースで、同病院へは5月8日と21日に50セットずつ発送。完成次第、あと50セットを提供する。同病院からは「使いやすくなって感激。関係部署に配った」との報告があった。
加工技術グループリーダーの松田晋幸さんは「少しでも役に立てればとの思いで取り組んだ。喜んでもらえて、メンバー一同やりがいを感じている」と言う。フェイスシールドに関する問い合わせは同グループ(電話53-5054)へ。
関連URL
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
ジャパンインターナショナルシーフードショーに出展いたします!
令和元年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナーについて
生ごみバイオマス利用の現状についてのフォーラム開催
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 225446
一般 : 3413913

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。