入会はこちらから
トップ
エコ市場の概要
活動案内
行政情報
報道記録
人材情報
リンク集
Q&A
個人情報の取扱い
お問い合わせ
会員情報
売ります・買います・提供・受入・融資します
やまぐちエコ市場カーボン・オフセットシステム

やまぐちエコ市場事務局
山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課
〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
TEL:083-933-2992
FAX:083-933-2999

報道記録
報道年月日 2020/07/17
報道機関名 中国新聞
会員名 トクヤマ
タイトル CO2リサイクル研究へ ソーダ灰の原料に活用
報道記録の内容 総合化学メーカーのトクヤマ(周南市)は、大手商社の双日(東京)などと共同で自家発電所から排出する二酸化炭素(CO2)を回収し、ソーダ灰の原料に活用するリサイクル事業の研究開発に乗り出す。ソーダ灰の製造工程で大気へのCO2排出量を85%削減することを目指し、コストも既存技術の半分以下に抑える。
計画ではトクヤマは石炭を燃料とする火力発電所の排ガスを水溶液に吸収してCO2を取り出す。この際、装置開発ベンチャーのナノミストテクノロジーズ(徳島県鳴門市)の技術を活用。水溶液を超音波などで霧状にしてCO2を吸収しやすくすることでコスト低減につなげる。別の回収方法のコストはCO2 1トン当たり4千円程度だが、目標では1~2千円台に下げる。
発電所の排ガスから高純度のCO2を年間で3万トン取り出し、徳山製造所(周南市)のソーダ灰の工程へ提供する。替わりに石炭石を熱して生成するCO2を現行の27万トンから12万トンに減らせるという。ソーダ灰は板ガラスや洗剤に使われる。
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として2022年度まで取り組む。トクヤマは「CO2の排出量削減は地球温暖化防止のために取り組むべき重大な課題。リサイクルにまい進したい」としている。
関連URL
 
戻る
 
 
 

次回から自動ログイン

 
   
イベント情報
ジャパンインターナショナルシーフードショーに出展いたします!
令和元年度水質保全研修会及びふるさとの川セミナーについて
生ごみバイオマス利用の現状についてのフォーラム開催
日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃
平成30年度第2回環境学習講演会
事業化チーム情報
高品質肥料の事業化
バイオマス資源活用事業化グループの活動開始
リサイクル製品を活用した地球温暖化対策の実証試験
有機性廃棄物を利用したメタン発酵技術の導入事業化
「Food&Greenリサイクル」(FGR)によるエコ堆肥製造
もったいない活動情報
冬の「ぶちエコやまぐち~CO2削減県民運動~」の実施について
山口県食品ロス削減推進協議会が「環境大臣賞」を受賞!
生ごみ処理 手軽・安価に
湯本温泉からエコ発信 女将が“廃油せっけん”作り
昔の知恵を環境保護に
 

Hit Count Since 2006/12/8

会員 : 225446
一般 : 3414007

     
 
   
Copyright(C)2007.やまぐちエコ市場.All Rights Reserved. やまぐちエコ市場Webに掲載の全ての情報の転載を禁止します。